トップ > 披露宴での演出 > 結婚式で乾杯までの演出

midasi.jpg ハネムーン先は決まりましたか?
楽天トラベルの海外旅行パック

結婚式で乾杯までの演出

乾杯まで

せっかくの大切な結婚式。
出席者の方々にあまりつまらない思いをさせたくないですよね。

今回は、出席者の方々につまらないなどと思われがちな披露宴での乾杯までの演出について少し書いてみたいと思います。

まずは結婚式で必ず新郎新婦のプロフィール紹介というのがあります。
仲人さんがいない場合などは司会の方が紹介をすることがほとんどかと思います。
それではあまり面白みがないので自分たちでお互いを紹介するという演出はどうでしょう。
緊張や照れなどから言葉をつまらせたり噛んでしまうこともしばしばあるでしょうが、そんなところも微笑ましいときっと思っていただけることでしょう。

結婚式での祝電を紹介する時間も、失礼ですが出席者にとっては殆どつまらないものです。
ですから新郎は新婦に内緒で秘密の祝電を準備しておくという意外な演出など如何でしょうか。
司会の方に渡しておいて、「最後にもう1通特別な祝電をお預かりしています」という
ように言ってもらい、緊張気味な新婦を感動させちゃいましょう。
出席者からもきっと祝福の声が上がるでしょう。

新郎新婦から逆に出席者のみなさんへの祝電を準備するのもいいアイディアですね。
祝電披露の最後に読み上げてもらうと更に会場が和やかになるでしょう。

内容は簡単に
「今日は私たちのために来ていただいて本当にありがとうございます。どうぞ気軽に楽しんでいってくださいね」
でもいいですし、感謝の気持ちでも勿論いいと思います。

しかしまだ披露宴は始まったばかりの時点では、あまり感動的な文でない方がいいかもしれませんね。

そして今ではめずらしい結婚式での鏡開きですが、めずらしいからこそ演出としてやってみると意外と盛り上がるものです。
新郎新婦だけでなく、せっかくですから両家の両親もいっしょにやるのも大変良いでしょう。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「披露宴での演出」です。
結婚披露宴で新郎新婦が行うイベントと言えば「ウェディングケーキ入刀」と「キャンドルサービス」が定番です。
「夫婦の初めての共同作業」と言われるこの儀式、自分たちらしさを表した披露宴の演出を行ってみませんか?
個性豊かな演出で出席者を楽しませましょう!
関連ページ

ポイント

主役のふたりにとって一生の思い出となる結婚式なのですから、どうせなら参列していた...

個性

近年、新郎新婦こだわりの個性的な結婚式というのがだいぶ増えてきているようです。 ...

入場

大切な結婚式、披露宴の入場にも演出をこだわりたいですよね。 今回は演出の中でも特...

乾杯まで

せっかくの大切な結婚式。 出席者の方々にあまりつまらない思いをさせたくないですよ...