トップ > 披露宴での演出 > 結婚式で色の演出

midasi.jpg ハネムーン先は決まりましたか?
楽天トラベルの海外旅行パック

結婚式で色の演出

色

結婚式や披露宴の会場の雰囲気が統一されていると素敵ですよね。
雰囲気、ドレス、お花、ペーパーアイテム、小物などすべてがバラバラだとなんだか落ち着かないものです。
そこで今回は色の演出について調べてみました。

色の前にまずは結婚式のテーマまたはキーワードを決めておくと、その後がスムーズに進められますよ。
たとえば、結婚式は教会で挙げたいという方はテーマを「教会」にしたり、「天使」などのように教会にちなんだものにするのもよいでしょう。

テーマが決まれば披露宴会場のイメージも具体的に決めやすくなりますね。

次にテーマカラーを決めましょう。
上にあげたように「天使」をテーマに決めたなら、テーマカラーは白になりますね。
白をメインカラーにして、サブカラーには新婦や新郎の好きな色を設定するなどしていきましょう。
そうすると、自分たちらしい雰囲気が演出ができるでしょう。

色のイメージが「ロマンティック」なら、カラーは「白・ピンク」、
キーワードは「羽・天使・雪」などが合うでしょう。

色のイメージが「エレガント」なら、カラーは「赤・紫」、
キーワードは「リボン・シルク・バラ」などが合うでしょう。

色のイメージが「ノーブル」なら、カラーは「白・生成り」、
キーワードは「モダン・スクエア・パール」などが合うでしょう。

色のイメージが「ナチュラル」なら、カラーは「茶・生成り」、
キーワードは「葉っぱ・コットン・小枝」などが合うでしょう。

色のイメージが「クリア」なら、カラーは「水色・白」、
キーワードは「海・空・ガラス」などが合うでしょう。

色のイメージが「フレッシュ」なら、カラーは「黄・緑」、
キーワードは「フルーツ・ひまわり・新緑」などが合うでしょう。

少しですが参考にしていただければうれしいです。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「披露宴での演出」です。
結婚披露宴で新郎新婦が行うイベントと言えば「ウェディングケーキ入刀」と「キャンドルサービス」が定番です。
「夫婦の初めての共同作業」と言われるこの儀式、自分たちらしさを表した披露宴の演出を行ってみませんか?
個性豊かな演出で出席者を楽しませましょう!
関連ページ

ポイント

主役のふたりにとって一生の思い出となる結婚式なのですから、どうせなら参列していた...

個性

近年、新郎新婦こだわりの個性的な結婚式というのがだいぶ増えてきているようです。 ...

入場

大切な結婚式、披露宴の入場にも演出をこだわりたいですよね。 今回は演出の中でも特...

乾杯まで

せっかくの大切な結婚式。 出席者の方々にあまりつまらない思いをさせたくないですよ...