トップ > 披露宴での演出 > 結婚式で両親への演出

midasi.jpg ハネムーン先は決まりましたか?
楽天トラベルの海外旅行パック

結婚式で両親への演出

両親へ

新郎新婦がご両親に感謝の気持ちを表す場面は、結婚式でも最も感動的な演出のひとつです。

一般的には、花嫁がご両親に手紙を贈りますが、では、そんな場にふさわしい手紙とは、どんなものでしょうか。
ご両親はもちろん、結婚式に招待した皆さんにも共感してもらうには、なるべく具体的なことを織り交ぜるとよいようです。

たとえば、「お母さんのご飯はおいしかった」と手紙に書いたとしましょう。
本人の心中には「おいしかった思い出」があふれていても、それは他の人には分かりません。
何がどうおいしかったのか?そしてそれをどう思っていたのか?
もう少し踏み込んで、具体的に言葉にしてみるのです。

「お誕生日とか、なにかがあると、いつも私の大好きなちらし寿司を作ってくれましたね。
私の分には錦糸卵を多めにのせてくれていつも楽しみでした。
でも、いつのまにか、それが出てくるのが当たり前みたいに食べてしまって、ちゃんとありがとうと言えませんでした。」

こんな感じで具体的なエピソードを話すのがポイントです。

披露宴最後の締めくくりに、ご両親への感謝の気持ちとして花束を贈ることがよくあります。
最近では花束の代わりにウェイトベアをプレゼントする人も増えています。

ウェイトベアというのは、お子さん、つまり現在の新郎や新婦の、お誕生時の体重と同じ重さに作られたぬいぐるみです。
このぬいぐるみは熊だけでなく、うさぎ、犬など、いろいろあります。
このぬいぐるみと「この重さ、覚えていますか?」というナレーションが揃えば、当のご両親はもちろん、会場じゅうが感動に包まれること請け合いです。

従来のように花束を贈るとしても、ご両親の似顔絵とか、あるいは何か手作りのものを添えてみるのも、気持ちを表すよい方法です。

ウエイトベアなどのぬいぐるみや、他にもご両親への披露宴でのプレゼントしてオススメのものをこちらで紹介しています。

ブックマークに追加する
このページのカテゴリーは「披露宴での演出」です。
結婚披露宴で新郎新婦が行うイベントと言えば「ウェディングケーキ入刀」と「キャンドルサービス」が定番です。
「夫婦の初めての共同作業」と言われるこの儀式、自分たちらしさを表した披露宴の演出を行ってみませんか?
個性豊かな演出で出席者を楽しませましょう!
関連ページ

ポイント

主役のふたりにとって一生の思い出となる結婚式なのですから、どうせなら参列していた...

個性

近年、新郎新婦こだわりの個性的な結婚式というのがだいぶ増えてきているようです。 ...

入場

大切な結婚式、披露宴の入場にも演出をこだわりたいですよね。 今回は演出の中でも特...

乾杯まで

せっかくの大切な結婚式。 出席者の方々にあまりつまらない思いをさせたくないですよ...